伸長が伸びない理由を考察

伸長が伸びないのには、いくつか理由があるかと思います。
それは遺伝などの要因もあるかと思いますが、一般的に言われていることもあるんですね。

 

それは

 

1、好き嫌いが激しい
2、運動が不足している
3、ゲームなど夜更かしが多い
4、成長ホルモンがあまり出ていない

 

 

成長期は睡眠や栄養をとるだけでは、伸長は伸びないといわれています。
つまり、牛乳などでカルシウムだけとっていれば良い、
ということではないんですね。

 

 

そこで重要となってくるのが、

 

「深い眠りによって成長ホルモンを分泌させる」

 

ということです。
実は、子供の身長の伸び方と深く関わっているのが、
成長ホルモンなんですね。

 

 

その成長ホルモンは、どのような時に最大限分泌されるのでしょうか?
それはずばり「不快眠り」によるものなんですね。

 

特に成長ホルモンが多く分布される時間帯は、夜の10時から深夜2時までの間といわれています。

 

 

なので、夜更かしして深夜に寝たり、ゲームばかりしていて睡眠不足になる、
ということは絶対に避けるようにしましょう。

 

 

10時〜2時の間には寝るようにする、ということがとても重要です。

 

 

成長ホルモン自体が、「睡眠時に大量に分泌する」という性質を持っています。
なので寝不足になってしまったり、低い質の睡眠ばかりとってしまっていると、
ホルモンの分泌が減少してしまうんですね。

 

 

それだけ「睡眠」は重要ということですね。

 

 

また、「ストレス」も深く関わっているといわれています。
学校で宿題など出されることでさえ、子供たちはストレスを抱えることになります。

 

その他にもストレスには色々な要因があるかと思いますが、
ストレスによって体の神経に悪い影響が出たり、胃潰瘍などになってしまうことさえあります。

 

 

そこでまた「睡眠」が重要になってくるんですね
深い眠りにはストレスを解消する働きもあるので、重要視されているんですね。

 

 

 

いかがでしたでしょうか?^^

 

成長ホルモンと伸長についてお話させていただきました。
伸長促進サプリ「セノビック」について気になる方は、
下記からご覧いただくことができます。

 

 

伸長が伸びない理由とは・・【体に必要な栄養素を補給】セノビックの詳細はこちら

 

 


関連ページ

伸長を伸ばすことと運動の関係とは?
身長と運動の関係はあるのでしょうか?運動によって身長アップにどのような効果を及ぼすのか、調査しています。